>> Google Books

タイトルと所在が表示されます

東日本大震災と社会学 : 大災害を生み出した社会

資料種別:
図書
責任表示:
田中重好, 舩橋晴俊, 正村俊之編著
言語:
日本語
出版情報:
京都 : ミネルヴァ書房, 2013.3
形態:
xi, 348p : 挿図 ; 22cm
著者名:
目次情報:
大震災が突きつけた問い 田中重好, 正村俊之, 舩橋晴俊 [著]
広域システム災害と主体性への問い : 中心-周辺関係をふまえて 山下祐介 [著]
地域コミュニティの虚と実 : 避難行動および避難所からみえてきたもの 吉原直樹 [著]
東日本大震災における市民の力と復興 : 阪神・淡路大震災/新潟県中越地震後との比較 関嘉寛 [著]
千年災禍の所有とコントロール : 原発と津波をめぐる漁山村の論理から 金菱清 [著]
福島原発震災の制度的・政策的欠陥 : 多重防護の破綻という視点 舩橋晴俊 [著]
何が「デモのある社会」をつくるのか : ポスト3.11のアクティヴィズムとメディア 平林祐子 [著]
フクシマは世界を救えるか : 脱原子力社会に向かう世界史的転換へ 長谷川公一 [著]
リスク社会論の視点からみた東日本大震災 : 日本社会の3つの位相 正村俊之 [著]
不透明な未来への不確実な対応の持続と増幅 : 「東日本大震災」後の福島の事例 加藤眞義 [著]
「想定外」の社会学 田中重好 [著]
大震災が突きつけた問い 田中重好, 正村俊之, 舩橋晴俊 [著]
広域システム災害と主体性への問い : 中心-周辺関係をふまえて 山下祐介 [著]
地域コミュニティの虚と実 : 避難行動および避難所からみえてきたもの 吉原直樹 [著]
東日本大震災における市民の力と復興 : 阪神・淡路大震災/新潟県中越地震後との比較 関嘉寛 [著]
千年災禍の所有とコントロール : 原発と津波をめぐる漁山村の論理から 金菱清 [著]
福島原発震災の制度的・政策的欠陥 : 多重防護の破綻という視点 舩橋晴俊 [著]
続きを見る
書誌ID:
BB11849916
ISBN:
9784623065066 [4623065065]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

桜美林大学国際学研究所

勁草書房

メディア総合研究所, 放送レポート編集委員会

大月書店

8 図書 3.11複合被災

外岡, 秀俊(1953-)

岩波書店

東北薬科大学「東日本大震災の記録」編集委員会, 東北薬科大学

東北薬科大学

京大・NTTリジリエンス共同研究グループ

日経BPコンサルティング, 日経BPマーケティング (発売)

福田, 充(1969-)

北樹出版