>> Google Books

タイトルと所在が表示されます

サイエンスとアートとして考える生と死のケア : 第21回日本臨床死生学会大会の記録

資料種別:
図書
責任表示:
小山千加代編著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : エム・シー・ミューズ, 2017.3
形態:
204p : 挿図 ; 22cm
著者名:
小山, 千加代  
目次情報:
はじめに 小山千加代著
大会長挨拶 サイエンスとアートとして考える生と死のケア 小山千加代述
大会長講演 「父を看る : 心が通い合うまでの道のり」 小山千加代述
特別講演 ナラティヴ・アプローチ 宮坂道夫述
豊かな最晩年をつくる : 最期まで美しい寝姿を求めて 桑田美代子述
第一部 病む人の「生の終焉」に寄り添うために
日本人の望ましい死とその達成 宮下光令著
二つの「小さな死」 : その邂逅の軌跡 大林雅之著
病む人の『生の終焉』に寄り添うために"緩和ケア病棟設立"から考えたこと 荒井和子著
人生の終焉をどう支えるか : 患者と家族の終末期の希望を実現させるためのACP(事前ケア計画)意識調査から 冲永隆子著
第二部 遺された人と「悲しみ」を分かち合うために
がん専門病院での遺族ケア : 「遺族外来」の現状と今後の方向性について 大西秀樹, 石田真弓著
がんで家族を亡くした人たちのためのサポートグループの経験から 広瀬寛子著
悲嘆に苦しム人たちとともに生きる社会 舟木祝著
大会記録号編集委員論考 がん末期患者である妻を在宅で介護・看取った夫の特徴 大西奈保子著
大会記録号編集委員論考 看護師と"死" : 看護職のキャリア形成の視点から 原美鈴著
大会記録号編集委員論考 死者の意味について : 「生者/生体」と「死者/死体」
おわりに 小山千加代著
はじめに 小山千加代著
大会長挨拶 サイエンスとアートとして考える生と死のケア 小山千加代述
大会長講演 「父を看る : 心が通い合うまでの道のり」 小山千加代述
特別講演 ナラティヴ・アプローチ 宮坂道夫述
豊かな最晩年をつくる : 最期まで美しい寝姿を求めて 桑田美代子述
第一部 病む人の「生の終焉」に寄り添うために
続きを見る
書誌ID:
BB23658482
ISBN:
9784904110171 [490411017X]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
タイトルが類似している資料
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

立川, 昭二(1927-)

岩波書店

Colen, B. D., 1946-, 長尾, 史郎(1941-), 長尾, 玲子(1940-), 野村, 俊佐久

文眞堂

Kübler-Ross, Elisabeth, Warshaw, Mal, 霜山, 徳爾(1919-), 沼野, 元義

産業図書

苫米地, 英人(1959-)

ベストセラーズ

Bonanno, George A., 高橋, 祥友(1953-)

金剛出版

藤腹, 明子

青海社

島薗, 進(1948-), 竹内, 整一(1946-)

東京大学出版会

Norlander, Linda, McSteen, Kerstin, 服部, 祐子, 鈴木, 和子(1941- 看護学)

メディカ出版

東北学院大学震災の記録プロジェクト金菱清(ゼミナール)

新曜社

堀口, 良一(1960-)

春風社

村上, 陽一郎(1936-)

青土社