著者典拠情報

標目形:
中村, 邦生(1946-)||ナカムラ, クニオ
属性:
Personal
場所:
東京都
日付:
1946
から見よ参照形:
Nakamura, Kunio
注記:
「さようならの事典」 (大修館書店, 1989) の編者
作家, 大東文化大学文学部教授
EDSRC:未完の小島信夫 / 中村邦生, 千石英世著 (水声社, 2009.7)
著者典拠ID:
DA01998420


1.

図書

図書
中村邦生編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.7
シリーズ名: 岩波文庫 ; 別冊20, 35-020-1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
高田賢一, 中村邦生編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2002.11
シリーズ名: シリーズ文学ガイド ; 9
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
中村邦生, 木下卓, 大神田丈二編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 1994.2
シリーズ名: シリーズ文学ガイド ; 1
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
久守和子, 高田賢一, 中村邦生編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 1997.1
シリーズ名: MINERVA英米文学ライブラリー ; 3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
中村邦生編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.6
シリーズ名: 岩波文庫 ; 別冊21, 35-021-1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
魔法の庭 カルヴィーノ [著] ; 和田忠彦訳
いたずら チェーホフ [著] ; 松下裕訳
燃ゆる頬 堀辰雄 [著]
ドーデー [著] ; 桜田佐訳
雨のなかの噴水 三島由紀夫 [著]
ささやかな愛 マンスフィールド [著] ; 中村邦生訳
きりぎりす 太宰治 [著]
流れ星の光 チェウ・フアン [著] ; 加藤栄訳
大島が出来る話 菊池寛 [著]
国賓 オコナー [著] ; 阿部公彦訳
バラの花の精 アンデルセン [著] ; 大畑末吉訳
土神ときつね 宮沢賢治 [著]
マルテと時計 シュトルム [著] ; 立原道造訳
交尾 梶井基次郎 [著]
恋をしに行く 坂口安吾 [著]
春は馬車に乗って 横光利一 [著]
十日の菊 ダウスン [著] ; 南條竹則訳
帰還 プラトーノフ [著] ; 原卓也訳
扉の彼方へ 岡本かの子 [著]
レッシング [著] ; 中村邦生訳
女体 芥川龍之介 [著]
とうもろこしの種まき アンダーソン [著] ; 中村邦生訳
地球の住人たち ギャリ [著] ; 須藤哲生訳
救援ニュースNo.18.附録 小林多喜二 [著]
源氏の君の最後の恋 ユルスナール [著] ; 多田智満子訳
箱の夫 吉田知子 [著]
魔法の庭 カルヴィーノ [著] ; 和田忠彦訳
いたずら チェーホフ [著] ; 松下裕訳
燃ゆる頬 堀辰雄 [著]
6.

図書

図書
野田研一, 奥野克巳編著
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2016.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論 : 環境文学と人類学の対話に向けて 奥野克巳 [執筆]
犬むさぼる呪術師 : 内陸アラスカのワタリガラス神話における犬肉食 近藤祉秋 [執筆]
鳥を「かたる」言葉 : 梨木香歩の「かたり」の「かたち」 山田悠介 [執筆]
リーフモンキー鳥のシャーマニック・パースペクティヴ的美学 : ボルネオ島プナンにおける鳥と人間をめぐる民族誌 奥野克巳 [執筆]
剥製の欲望から諸自己の詩学へ : 一九世紀アメリカ文学における鳥の表象 山本洋平 [執筆]
コメント 山田仁史, 野田研一 [述]
日本近代文学における鳥の表象 : 夏目漱石「永日小品」と泉鏡花「化鳥」を中心に 北川扶生子 [執筆]
人間中心主義の解体へ向けて : 近代イギリス文学にみる鳥の表象の変遷 唐戸信嘉 [執筆]
開かれた「想像力」、解放される「時間」 : 「いま・ここ」に遭遇する物語 李恩善 [執筆]
鳥の名前の倫理学 河野哲也 [執筆]
鳥の表象を追いかける : 座談会 中村邦生, 野田研一 [述]
羽衣伝承にみるミンゾク学と文学の接点 山田仁史 [執筆]
アガチャーとキジムナー : ヤンバルクイナの生態学的特徴と沖縄の妖怪伝説 島田将喜, 宮澤楓 [執筆]
フィリピン・パラワン島南部の焼畑漁撈民パラワンの鳥の狩猟罠 辻貴志 [執筆]
カザフ騎馬鷹狩文化の宿す鷹匠用語と語彙表現の民族鳥類学 相馬拓也 [執筆]
環境と虚環境のはざまを飛び走る鳥たち : 狩猟採集民グイの民族鳥類学を中心に 菅原和孝 [執筆]
序論 : 環境文学と人類学の対話に向けて 奥野克巳 [執筆]
犬むさぼる呪術師 : 内陸アラスカのワタリガラス神話における犬肉食 近藤祉秋 [執筆]
鳥を「かたる」言葉 : 梨木香歩の「かたり」の「かたち」 山田悠介 [執筆]