著者典拠情報

標目形:
清水, 展(1951-)||シミズ, ヒロム
属性:
Personal
場所:
横須賀
日付:
1951
から見よ参照形:
Shimizu, Hiromu
Simizu, Hiromu
注記:
九州大学教養部助教授, 社会学博士
京都大学東南アジア研究所所長
社会人類学専攻
His Pinatubo Aytas, 1989
「出来事の民族誌」 (九州大学出版会, 1990) の著者
EDSRC:草の根グローバリゼーション : 世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略 / 清水展著 (京都大学学術出版会, 2013.1)によりNOTEフィールド(京都大学東南アジア研究所所長)を追加
著者典拠ID:
DA04220199


1.

図書

図書
清水展著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1991.5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
清水展著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2013.1
シリーズ名: 地域研究叢書 ; 25
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
清水展, 木村周平編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2015.12
シリーズ名: 災害対応の地域研究 ; 5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
清水展著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 2003.2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
ジェームズ・C.スコット [著] ; 清水展 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.9
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
ジェイムズ・クリフォード著 ; 太田好信 [ほか] 訳
出版情報: 京都 : 人文書院, 2003.1
シリーズ名: 叢書文化研究 ; 3
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
清水展, 小國和子編著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2021.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
なぜ、いま、ダイバーシティなのか 清水展著
はじまりはテイクノーツから 内藤順子著
戦略的「現場主義」を貫くために 西﨑伸子著
被災の記憶ある場所での学生フィールドワーク 飯嶋秀治著
まちづくりにダイブする 早川公著
ジンルイガクのトリセツ 内藤直樹著
思いをつなぎ、人をつなげる文化遺産 俵木悟著
つながりをデザインする 森正美著
リモート・フィールドワークのススメ 小國和子著
ミッション型活動がつなぐ「当事者」とアライ 砂川秀樹著
実務が変わる、人生観が変わる 堀江正伸著
ダイバーシティ、その一歩先へ 亀井伸孝著
なぜ、いま、ダイバーシティなのか 清水展著
はじまりはテイクノーツから 内藤順子著
戦略的「現場主義」を貫くために 西﨑伸子著
8.

図書

図書
松本常彦, 大島明秀編
出版情報: [福岡] : 九州大学大学院比較社会文化研究院, 2007.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部: 九州という思想
「九州」という思想 大島明秀 [著]
戦時期日本の文化・運動・地方 : 火野葦平と北九州文化聯盟をめぐって 有馬学 [著]
九州の記憶としての元寇 畑中佳恵 [著]
占領期の<九州>と密航・密貿易 : 海防からみる移民管理史 挽地康彦 [著]
谷川雁の労農同盟論と<九州> 小野俊彦 [著]
遡行する思考 : 菊畑茂久馬試論 毛利嘉孝 [著]
辺境から中心を撃つ礫 (つぶて) : アフガニスタン難民の生存を支援する中村哲医師とペシャワール会の実践 清水展 [著]
第2部: 文学のまなざし : 忘却されたアジア
侵略者は誰か : 村上龍『半島を出よ』 石川巧 [著]
「蒙疆文学」の「蒙古人」 : 歴史、風俗、言語 阿莉塔 [著]
失われた記憶/空間 : 安部公房の満洲体験 波潟剛 [著]
『暁の寺』の二つの時代 : 三島由紀夫のタイ国取材の足跡から 久保田裕子 [著]
「ビルマの竪琴」以前 : 戦時下の高見順から竹山道雄の戦後へ 松本常彦 [著]
第1部: 九州という思想
「九州」という思想 大島明秀 [著]
戦時期日本の文化・運動・地方 : 火野葦平と北九州文化聯盟をめぐって 有馬学 [著]
9.

図書

図書
川田順造編
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2017.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
なぜ、ナショナル・アイデンティティの多文化間比較か 川田順造 [執筆]
時間軸と空間軸の対比から : 十六世紀と十九世紀における西洋のアジア・アフリカへの進出を対比して考える 川田順造 [執筆]
ナショナル・アイデンティティの歴史循環 : コメント 濱下武志 [執筆]
帝国におけるナショナルな排除 : バタヴィアの混血社会をめぐって 永渕康之 [執筆]
文明化の逆説と植民地の規定性 : コメント 山室信一 [執筆]
シベリア先住民族のアイデンティティ : 帝政ロシアの東方進出と民族意識の顕在化 佐々木史郎 [執筆]
ロシアのシベリアに対する使命感 : コメント 小長谷有紀 [執筆]
外からの同化と内なる同化 : 西アフリカ、セネガルのナショナル・アイデンティティとその葛藤 小川了 [執筆]
時代遅れになったサンゴールの思想 : コメント 川田順造 [執筆]
国民政府とナショナル・アイデンティティの逆説 : 大東亜共栄圏の形成と蹉跌 山室信一 [執筆]
大東亜共栄圏体験を問い直す : コメント 河西晃祐 [執筆]
義和団をめぐる記憶と中国ナショナリズムの位相 吉澤誠一郎 [執筆]
ナショナル・アイデンティティの超克 : コメント 濱下武志 [執筆]
ミャンマーのアイデンティティ形成 田村克己 [執筆]
インドネシアにおける宗教の統制と活用 : コメント 宮崎恒二 [執筆]
韓国朝鮮におけるナショナル・アイデンティティ 伊藤亜人 [執筆]
「韓半島」をいかに論ずるか : コメント 濱下武志 [執筆]
ナショナル・アイデンティティと地域 : 現代ベトナムにとっての東南アジアと南アジア 古田元夫 [執筆]
ベトナムの歴史的ディレンマ : コメント 濱下武志 [執筆]
ナショナリティとグローバル・ネットワーク : ホセ・リサールの素描をとおして 清水展 [執筆]
フィリピン革命再考 : コメント 永野善子 [執筆]
ナショナル・アイデンティティとパン・アフリカニズム : 南部スーダン人にとっての意義 栗本英世 [執筆]
西アフリカから考えたパン・アフリカニズム : コメント 勝俣誠 [執筆]
イスラームとナショナリズムの相克 : 相似と差異 臼杵陽 [執筆]
なぜ、ナショナル・アイデンティティの多文化間比較か 川田順造 [執筆]
時間軸と空間軸の対比から : 十六世紀と十九世紀における西洋のアジア・アフリカへの進出を対比して考える 川田順造 [執筆]
ナショナル・アイデンティティの歴史循環 : コメント 濱下武志 [執筆]