著者典拠情報

標目形:
辛島, 理人(1975-)||カラシマ, マサト
属性:
Personal
場所:
大阪府
日付:
1975
から見よ参照形:
Karashima, Masato
karasima, Masato
注記:
SRC:自由を耐え忍ぶ / テッサ・モーリス-スズキ [著] ; 辛島理人訳 (岩波書店, 2004.10)
EDSRC:帝国日本のアジア研究 : 総力戦体制・経済リアリズム・民主社会主義 / 辛島理人著 (明石書店, 2015.1) の標題紙によってSFフィールド (Karashima, Masato) を追加
EDSRC:「血」の政治学を越えて : hybridity / 川島浩平, 竹沢泰子編(東京大学出版会, 2016.9) 執筆者・訳者紹介によりNOTEフィールドを追加 (2018.3.14)
神戸大学大学院国際文化研究科准教授 (2016.9現在)
著者典拠ID:
DA14813277


1.

図書

図書
テッサ・モーリス-スズキ [著] ; 辛島理人訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2004.10
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
酒井哲哉編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.4
シリーズ名: 日本の外交 / 井上寿一 [ほか] 編集委員 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
近代日本の黎明とヨーロッパ国際法受容 : 二つの「万国公法」を手がかりに 大久保健晴 [著]
なぜ国体だったのか? 山口輝臣 [著]
進化論と国際秩序 : 日露戦争から第一次大戦後に至る思想史的素描 春名展生 [著]
「亜細亜」名称への疑い : アジア観の伝統と近代 松田宏一郎 [著]
対外文化政策思想の展開 : 戦前・戦後・冷戦後 芝崎厚士 [著]
開発思想における戦前と戦後 : 植民政策学と社会民主主義 辛島理人 [著]
京都学派の遺産 : 鈴木成高における世界史の哲学と戦後保守 中島岳志 [著]
降伏と占領管理の中の秩序思想 : 占領初期の外務省と横田喜三郎をめぐって 小畑郁 [著]
原水爆禁止運動と冷戦 : 日本における反核平和運動の軌跡 道場親信 [著]
思想としての対中外交 : 外交の現場からみる蒋介石・中華民国・台湾 川島真 [著]
戦後の思想空間と国際政治論 酒井哲哉 [著]
近代日本の黎明とヨーロッパ国際法受容 : 二つの「万国公法」を手がかりに 大久保健晴 [著]
なぜ国体だったのか? 山口輝臣 [著]
進化論と国際秩序 : 日露戦争から第一次大戦後に至る思想史的素描 春名展生 [著]