>> Google Books

タイトルと所在が表示されます

継続する植民地主義 : ジェンダー/民族/人種/階級

資料種別:
図書
責任表示:
岩崎稔 [ほか] 編著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 青弓社, 2005.2
形態:
393p : 挿図 ; 22cm
著者名:
目次情報:
はじめに : 「継続する植民地主義」の再審のために 李孝徳[著]
東アジアで「戦後」を問うこと : 植民地主義の継続を把捉する問題構成とは 中野敏男[著]
占領支配の構造とその変容 荒敬[著]
顕現する「国境」 : 沖縄与那国島の密貿易終息の背景 屋嘉比収[著]
占領軍への有害な行動 : 敗戦後日本における移民管理と在日朝鮮人 テッサ・モーリス-スズキ[著]
「反革命」秩序の形成と在日朝鮮人 崔徳孝[著]
コラム: 沖縄の人々と在日朝鮮人を繋ぐもの 崔真碩[著]
「戦後」を構成する暴力 米山リサ, 金富子, 李孝徳[著]
植民地期・解放直後の朝鮮における公娼認識 : 女性の身体をめぐるナショナリズムとジェンダー 金富子[著]
基地村の発生と展開 : ユングミ事件が突きつけること 尹京順[著]
忘れられた小説『灰色の丘』のこと : 「引揚げ」体験とジェンダー 成田龍一[著]
密航・民族・ジェンダー : 「在日朝鮮人文学」にみる<人流> 高和政[著]
暴力の表象と沖縄文学の「戦後」 : 1950年代をめぐって 宮城公子[著]
在日朝鮮人女性とは誰か 宋連玉[著]
コラム: 映像とジェンダー : 映画のなかの恋愛と自己同一性の流動性 酒井直樹[著]
植民地支配責任を定立するために 板垣竜太[著]
戦後詩と戦後歴史学 : 1950年代の叙事詩的渇望の史学史的文脈 岩崎稔[著]
怪物の影 : 「小松川事件」と表象の暴力 徐京植[著]
コラム: なぜ、この問いが可能になったのか : 沈黙を強いる構造的権力の変容との関連で 土佐弘之[著]
コラム: 権力の輻輳はいかに理解されたか : 異論として 朴裕河[著]
コラム: 異論として : 東アジアの「西側」から 鄭栄桓[著]
おわりに : 編者のひとりとして、最初の読者のひとりとして 大川正彦[著]
はじめに : 「継続する植民地主義」の再審のために 李孝徳[著]
東アジアで「戦後」を問うこと : 植民地主義の継続を把捉する問題構成とは 中野敏男[著]
占領支配の構造とその変容 荒敬[著]
顕現する「国境」 : 沖縄与那国島の密貿易終息の背景 屋嘉比収[著]
占領軍への有害な行動 : 敗戦後日本における移民管理と在日朝鮮人 テッサ・モーリス-スズキ[著]
「反革命」秩序の形成と在日朝鮮人 崔徳孝[著]
続きを見る
書誌ID:
BA7093883X
ISBN:
9784787232403 [4787232401]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
タイトルが類似している資料
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

今井, 昭夫(1956-), 岩崎, 稔(1956-), 生井, 英考(1954-)

御茶の水書房

永原, 陽子

青木書店

大江, 志乃夫(1928-2009)

新潮社

柳沢, 遊(1951-), 岡部, 牧夫(1941-)

東京堂出版

西川, 長夫(1934-), 高橋, 秀寿(1957-)

人文書院

清水, 満重

巖松堂書店出版部

山本, 美越乃(1874-1941)

弘文堂書房

中井, 亜佐子, 吉野, 由利

彩流社

Peattie, Mark R., 1930-, 浅野, 豊美(1964-)

読売新聞社

徐, 京植(1951-)

高文研

Betts, Raymond F., 今林, 直樹(1962-), 加茂, 省三(1969-)

晃洋書房